ピアノの先生が必要な検定

2008年10月16日
検定本がブームですね。
検定本に興味がある人って、けっこう多いらしくて。
まあ、そういう私も、一応そこそこ持っております。

s-IMG_1840.jpg

ピアノの先生るんるんにとって、今や欠かせない検定本は、ヤマハのグレードるんるんですね
これは持っていないと、大手などの町の音楽教室のピアノの先生るんるんの採用試験が受けられないんですがく〜(落胆した顔)
(自分の家でピアノの先生るんるんをやる時は、いらないです)


えっ?? ヤマハグレードるんるんなら、持ってるよー。


という人もけっこう多いかも知れませんが、ピアノの先生るんるんに必要なのは、指導者用デスexclamation
5級以上のものです。

これ、けっこうあなどれなくて、私のまわりでは、1回目の受験で落ちた人が多いんですね。
揃いも、揃って。

うーーん、なんかちょっとどうなのーー?
なんて、思っちゃいますがねフリーダイヤル


私も2回目でいちおう無事に受かりました・・・
でも・・・・


所見演奏という、初めて見る曲をその場でパッと弾く、という試験を、1つのミスもなく弾いたのに、20点満点の15点しかくれなかったんですがね。
どうも、すっきりしない気分でしたちっ(怒った顔)
まあ、昔の話です。


ヤマハグレードるんるんの資格を、入社前?に取ってくれればいいよ、という所もあったのですが、
落ちちゃって、せっかく入社?したのに、仕事がもらえない、という同僚が数人もいました。

将来、ピアノの先生るんるんをやろっかなあ、という人は、お早めに受けちゃいましょうわーい(嬉しい顔)
関連記事
この記事へのコメント
コメントを書く

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事へのトラックバックURL
http://ontsure.net/tb.php/99-80545258