錦織選手に学ぶ 本番でのメンタルで大切なこと

2014年09月06日
2014-08-13 2014-08-13 003 008.jpg

連日のスポーツニュースで取り上げられている、テニスの全米オープン。
日本の錦織圭選手が、ベスト4入りを果たして、大活躍していますね。
以前から天才少年と話題になっていましたが、海外でずっと練習を積んで、すごい努力をされてきたようですね。

ピアノの世界でも小さいころから、天才少年・天才少女として話題になったピアニストがたくさんいますが、みなさん相当な努力も積んできたからこそ、今、活躍をされていると言えますね。
小学生くらいの年齢で、一日10時間の練習をするくらいでないと、世界で活躍できる力は育たないのかもしれませんね・・・と自分への戒めですが。

試合真っ只中の錦織選手ですが、インタビューで「自分を信じ込む」という言葉を話していました。
ピアノでも、同じように大切なことですね。

本番で、時々見られる、「なんか間違えそう」というのが、逆バージョンですが、そういうことを言ってしまうと、本当になってしまうのが、怖いところです。
なので、「大丈夫、大丈夫と思うように」と、生徒さん方には、話していますがね。

錦織選手は、怪我からの復帰なので、まだ少し心配な点もあるかも思いますが、そういう意味でも、自分を信じ込む事が必要なのかもしれませんね。

次の試合楽しみですね。
関連記事
この記事へのコメント
コメントを書く

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事へのトラックバックURL
http://ontsure.net/tb.php/986-a91109d3