メンタリスト だいごさんに学ぶ、練習効率を上げるワザとは?

2014年09月23日
2014-07-27 2014-07-27 001 004.jpg

日々のピアノの練習って、大変ですよね。
大人の生徒さんが、レッスンでおっしゃっていましたが、「弾けないくせに、すぐ飽きちゃう」と。

ノッてくると、わりとずっと弾けるけれど、そうでないと、グダグダになりますし、でも、練習しないといけないし。。。と、悶々と格闘するわけです。

メンタリストのだいごさんによると、仕事などの勤務時間の20%の時間を、サボると、生産性が最大化されるのだそうです

ピアノではないのですが、バイオリン奏者の実験もあります。

普通の!?バイオリン奏者は、一日中練習をしているのに対して、一流の演奏家は、一番集中できる時間帯に、3・5時間の練習をして、その外は、リラックスしたり、簡単な練習だけにしているのだそうです。

一日中だらだらと練習をすると、練習効率が下がる、ということですね。

なかなか、一日中練習することは、少ないかもしれませんが、だらだらと練習をしていても、あまり効果が無いというのは、気をつけないといけないですね。
関連記事
この記事へのコメント
コメントを書く

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事へのトラックバックURL
http://ontsure.net/tb.php/979-e25e550d