エリーゼのためにの新事実!本当はメロディーが違っていた!?

2014年10月03日
2014-08-14 2014-08-14 002 001.jpg

ピアノの曲と言うと、真っ先に名前の挙がる「エリーゼの為に」。
昔から、今でも、本当に人気ですね。
しかも、ちびっ子からご年配の方まで、世代を問わず、ピアノを弾く人、弾かない人に関わらず、誰もが知っていると言っても、良いのかもしれません。

生徒さん方の中にも、弾きたいと言って、レッスンをした方が、何人もいらっしゃいます。
もちろん、発表会で弾いた方も。

いざ、「エリーゼの為に」の練習を始めますと、よく出てくるフレーズの、「ミレミレミシレドラ~」の所は良いのですが、その後のフレーズの終わり部分の「ミドシラ~」が、曲の最後だけは、「レドシラ~」に変わるところが、けっこう間違えやすく、忘れやすいところです。

先日、この「エリーゼの為に」の最近の原点版では、なんと、これまでのメロディーと違っていたのです!

「ミドシラ~」の部分が、すべて「レドシラ~」になっていました。ビックリです目
こちらの方が、覚えやすいかもしれませんね。

また、中間部のターンの箇所は、指がうまく回らなかったり、遅くなったりしやすいところなので、苦戦することも多いのですが、なんとターンが無いのです!

これは、朗報かもしれませんるんるん

ターンが苦手だったり、なかなか上手に出来ないまま、本番になりそうな場合は、無しにしてしまうのも、ひとつのやり方かもしれませんね。
しかも、「省略しました」というのではなく、「原点版を使用しました」という事になるので!?、大人の方の場合には、あまり引け目を感じずに弾けそうですね。

これで、ますます「エリーゼの為に」を弾きたいという方が、増えるかもしれませんね。
関連記事
この記事へのコメント
コメントを書く

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事へのトラックバックURL
http://ontsure.net/tb.php/974-247d46c7