ペダルが濁る原因が解消、ペダルテクニックの基礎 

2015年01月05日
2014-11-17 2014-11-17 005 002.jpg

ピアノのテクニックと言うと、もちろん指を動かす技術という事になりますが、それだけではなく、足を使うペダルのテクニックもとても重要ですね。
レッスンの時に、よく生徒さん方にも、

「ペダルは上手に使うととても美しい響きが鳴って、とってもきれいになるけれど、そうでないと、すっごく残念で、ペダルを踏まない方が良かったわね~となってしまうからね。そうならないように、注意してね」とお話をしています。

ペダルは、演奏に熱中している本人よりも、聴いている周りの方が、もしかしたら敏感に感じ取るものかもしれませんね。

ペダルが濁ったり、ぷつぷつ切れてしまう原因は、色々とあると思います。
踏み方が違ってしまうこともありますし、踏むタイミングが違っていたり、ペダルの切り方が違うこともあります。
また、連続してペダルを使用する場合に、徐々に違っていってしまうこともあります。


発表会、コンサート、グレードなどの本番の演奏を聴きますと、ペダルテクニックがきちんと身についているのかどうかは、すぐに分かります。
小さいチビッ子でも、本当に上手にペダルを使用している方もいらっしゃいますね。

原因を突き止めて、それに合ったペダルのテクニックを身につけて、これまで以上に、自分のイメージする演奏に近づけるかもしれませんるんるん


ピアノ・ペダルテクニック ~ピアノの美しい響きと表現のために~ 基礎編(DVD付)

堀江 真理子
ヤマハミュージックメディア

Amazon のページ

関連記事
この記事へのコメント
コメントを書く

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事へのトラックバックURL
http://ontsure.net/tb.php/940-38c5952a