練習しているけれど、うまく弾けない時のポイント

2015年01月09日
2014-08-16 2014-08-16 006 016.jpg

昔、苦労して弾いた曲の一つが、ショパンのバラード第2番。
師事していた教授に、クロイツァー版をしてされたので使用していました。
かつて、日本のクラシック音楽界で有名な、クロイツァー先生が校正された楽譜です。

苦労して弾いた割に、なんだかイマイチのまま終わってしまった曲で、弾きこなせないまま終わったのでした。
最近になって、ものすごく久しぶりに練習をはじめ、ある程度弾けるようになってから、ショパンを弾くときに大定番の、パデレフスキ版を使用してみました。

パデレフスキ編 ショパン全集 III バラード

F. F. ショパン
ヤマハミュージックメディア

Amazon のページ

そうしたら、まあ~、思った以上に、本当に違うんです。
フレーズ、指使い、ペダル、そして音そのものまで。

しかも、当時、なかなかはまらなかった音が、一発ではまるようにもなりました。

でも、その反対に、書かれている指番号で弾くと、どうも音が飛び出してしまい、うまくフレーズが歌えない箇所も出てきました。

ショパンの場合、特に、楽譜によって、色々な解釈がある気がします。
ショパン自身が、お弟子さんによって、色々と指示を変えていますしね。

苦労している割に、なんだかイマイチ弾けないというときは、思い切って楽譜を変えてみるのも、良いかもしれませんね。
関連記事
この記事へのコメント
コメントを書く

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事へのトラックバックURL
http://ontsure.net/tb.php/937-ffe26ed3