ピアノレッスンの目標

2013年04月11日
2013-03-23 2013-03-23 001 005.jpg

ピアノのレッスンは、教材を使って順番に進め、年に1回の発表会に向けて練習するのが定番の進め方だと思います。
お教室によって発表会が2年に1回だったり、またクラスコンサートがあったりしますがね。
教材が進むことも嬉しいですし、色々な曲が弾けるようになるのは嬉しいのですが、

それだけで良いのか 

と思う事もあります。
もう少し高い目標を持てたら、もっと成長できそうなのに・・・という生徒さん方もいます。
これまでけっこう躊躇していたのですが、数年前くらいからコンクール参加をオススメするようになりました。
そもそも音楽に点数をつけるなんて、とか、落ちたらどのようにフォローしよう、とか、落ちてしまってピアノが嫌いになってしまったらどうしよう、とか、グルグルと頭の中で考え、迷いもありました。
でも、それでも長い目で見たら、やはり参加してみてもよいのではないかと思って、ご紹介しています。
もちろん、最終判断は、生徒さんとご両親にお任せしています。

コンクールは場合によっては、とても残酷なものだとも言えますが、わかりやすい目標にもなります。
発表会よりも、家族一丸となって頑張れる面もある気がします。
また、万が一残念な結果になったとしても、ピアノの先生だけでなく、ご両親のフォローで、なんとか乗り越えられるのではないかとも思っています。

ピアノの先生という立場から見ても、物凄く責任重大で、寿命が縮む気もするのですが、お勉強にもなりますしね。
来年は、大人の生徒さんもコンクールにチャレンジしそうなので、さらに責任重大になってしまいそうです・・・。
関連記事
この記事へのコメント
コメントを書く

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事へのトラックバックURL
http://ontsure.net/tb.php/919-435b1c78