ピアノを弾く時にも使えるハンドクリーム

2012年01月20日
2009-02-28 2009-02-28 002 005.jpg

ピアノのレッスン室は、冬も夏もエアコンを使っているので、結構乾燥します。
加湿器を置いているので、物凄くひどい事にはならないのですが、長時間いますとやはり、乾燥が気になるものです。
一番乾燥するのは喉ですね。

ピアノの先生は、見本として弾いて見せて・・・という事もしますが、「注意する所を生徒さん方に、いかに理解して、納得して弾いてもらうのか」も大切だと思うので、トークの時間もわりとあります。
そうすると、やはり喉に負担が来るのです。

その次が手の乾燥です。
楽譜をめくるときに、乾燥していると手先が切れそうですし、生徒さんの目の前で弾くことも多いので、その時に「先生の手ってガサガサ」ですと、なんだか幻滅されそうですしね。
なにより、私自身が手の乾燥がものすごく気になるので、1年中ハンドクリームを持ち歩いて塗っています。

冬はしっとりしたものが、特にいいなあとは思っていますが、ピアノを弾くという事ですと、ヌルヌルしてしまい、弾けなくなってしまいますし、鍵盤にもクリームが付いてしまいそうですよね。
なので、弾く前は乾燥が気になっても、ハンドクリームは塗らない、という事もあります。

でも、今はニベアのアトリックスを使っているので、快適です。




アトリックス ハンドジェル チューブ 50g

「アトリックス ハンドジェル チューブ 50g」は、べたつきがなくサラサラとした使用感で、手肌をしっとりと保つジェルタイプのハンドクリームです。乾いた手肌にたっぷりの水分とうるおい成分(ヒアルロン酸、ランエ...

ジェルタイプなので、すぐに手になじんでサラサラするので、ピアノを弾く時でも、使えるのがとても魅力的です。
ちゃんと潤い成分のヒアルロン酸やローズウォーターも入っていますし、無香料なのでピアノのレッスンの時など、狭い空間で他の方と一緒にいるときにも、香りが気にならなくていいですね。
関連記事
この記事へのコメント
コメントを書く

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事へのトラックバックURL
http://ontsure.net/tb.php/900-9052bcc0