珍しいコンサート

2008年10月21日

コンサートるんるんって、ホントに色々なものがありますよね。

ピアノやヴァイオリンなどのソロリサイタルから、デュオ、室内楽、オーケストラ等など。

こういう各種コンサートるんるんから、面白そうなものを聴きに行くのは、まあ、当たり前で、普通のことですね。

 

まあ、それっていいんだけどね。

でも、なんか、こう、ちょっと珍しいコンサートるんるんってないのかな?

 

s-IMG_1965.jpg


そうしたら、まあ色々とあることが分かりました。

 

まずは、オペラなんですが、「バロックオペラ」というものです。

有名なプッチーニやモーツァルトよりも、もっと古い時代のオペラです。

こういうオペラをやっている事自体、知りませんでした。

これは、珍しいコンサートるんるんですよね。

「びわ湖ホール声楽アンサンブル」が11月下旬にびわ湖ホールや、第一生命ホールで行うそうです。

また、よこすか芸術劇場開館15周年記念オペラ、として、来年2月によこすか芸術劇場で行われます。(もちろん、それぞれ、違うバロックオペラを公演します)

 

それから、「オルガン連弾」というものも見つけました。

オルガンといっても昔、小学校にあった足踏みオルガンじゃないですよ(笑)

クラシック音楽で言う「オルガン」って「パイプオルガン」のことです。

普通、連弾というと、ピアノ連弾のことですから、オルガンで連弾するなんて、へえー、面白そうですね。

「パイプオルガン クリスマスクリスマスコンサートるんるん2008」と題して、1223日にミューザ川崎シンフォニーホールで行われます。

今年のクリスマスクリスマスは、珍しいコンサートるんるんを聴いて過ごしてみるのも、いいですね。

  
関連記事
この記事へのコメント
コメントを書く

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事へのトラックバックURL
http://ontsure.net/tb.php/87-761c8c03