珍しいコンサート2

2008年10月22日

珍しいコンサートるんるんは、まだありました。


s-IMG_1949.jpg


まずは、「立って弾くチェロ」です。

普通、チェロってピアノで使う椅子に座って、演奏しますよね。

それが、なんと立ってチェロを演奏するんだそうです。

 

このコンサートるんるんも、また、珍しい。。。

 

「木越 洋の音楽博物館」というコンサートで、11月下旬、12月下旬に東京文化会館で行われるそうです。

 

まだ、珍しいコンサートるんるんはあります。


チビッ子も知っている、超有名なお姫さまである、マリーアントワネットが作曲した歌を演奏するコンサートも、見つけました。

かの、マリーアントワネットは、チェンバロを習ったいたのは知っていましたが、(当時の貴族は、教養の一つとして、音楽を学んでいましたからね。)まさか、作曲をしているなんて、初耳です。

フランスでは、昔、教科書にも載せてあったそうですがね。

「唐澤まゆ子&荘村清志 デュオリサイタル」で、12月に彩の国さいたま芸術劇場音楽ホールで行われます。

 


もう一つ見つけた珍しいコンサートるんるんは。。。

モーツァルトが生きた時代の演奏会を再現した、コンサートるんるんです。

普通、コンサートるんるんって、ピアノだけとか、オーケストラだけ、となりますよね

まあ、オーケストラの場合、客演でピアノとかヴァイオリンがあることも、ありますがね。

でも、コンサートるんるんは、色々とあるようなんです。

「東京バッハ・モーツァルト オーケストラ演奏会VOL,5」と題して、来年3月に東京芸術劇場で行われます。

 

色々あるんですね、珍しいコンサートるんるんって。

さあ、どれに行こうかな?

関連記事
この記事へのコメント
コメントを書く

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事へのトラックバックURL
http://ontsure.net/tb.php/86-e79e98fb