ピアノ発表会の講師演奏の曲選び

2012年05月17日
2012-04-29 2012-04-29 005 043.jpg

ピアノの発表会の本番まで2か月になりました。
だいぶ前から講師演奏の曲は決めて、練習をしています。
講師演奏というものは、もうずいぶんとしていますが、それでも本番はともかく、本番前などは、妙に緊張するものです。

ショパンやリストの有名な曲を弾いたこともありますし、ベートーヴェンやブラームス、ラフマニノフなどちょっと重厚な感じやカッコイイ感じのもの、バッハやモーツァルトなどの軽めで優雅なものなど、色々と弾いてきました。
トリで弾く生徒さんが、かなり早い段階で曲を決めて大曲を弾くようになってからは、最後の3人くらいの曲目も見ながら、なるべく被らないような視点でも、曲を選ぶようにしています。
みなさんが重たい曲を弾いていて、講師演奏も重たいと、「また~??」という感想になって、変わり映えしないですし。
ショパン、ショパン、ショパン・・・となっても、飽きそうですしね。

生徒さん方の曲の並び方等も、いつも気を付けて曲のご紹介をしていますが、同じように講師演奏の曲選びも大切ですね。
関連記事
この記事へのコメント
コメントを書く

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事へのトラックバックURL
http://ontsure.net/tb.php/856-16e5e286