ピアノ発表会の記念にドレスと同じ色のプリザーブドフラワー

2012年07月08日
ピアノの発表会で、花束を贈るのは定番ですが、今年は少し工夫して、プリザーブドフラワーを贈るのもよいかもしれません。

生花に特殊な処理を施すことで、枯れることなく永遠に咲く魔法の花・プリザーブドフラワーができあがります。
特に夏場は、生花の花束はあまり日持ちしないので、
プリザーブドフラワーの利用価値が更に上がるのではないでしょうか。

この日比谷花壇のプリザーブドフラワー(ジュエルローズ)は、誕生日ごとの色が用意されていますが、発表会のドレスの色と同じプリザーブドフラワーを贈ることができたら、良い思い出の品になりそうですね。

ガーネットレッド (1月)

アメジストパープル (2月)

アクアマリンブルー (3月)

ダイヤモンドホワイト (4月)

エメラルドグリーン (5月)

パールピンク (6月)

ルビーピンク (7月)

ペリドットグリーン (8月)

サファイヤブルー (9月)

オパールピンク (10月)

トパーズオレンジ (11月)

ターコイズブルー (12月)

発表会にお花を頂いたりプレゼントする機会はよくありますが、当日のドレスの色と同じお花を頂いたりプレゼントするのは、なかなか無いので、貰ったらとても嬉しいですし、印象的ですね。
どれも素敵な色なので、色々と集めたくもなりますね。
関連記事
この記事へのコメント
コメントを書く

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事へのトラックバックURL
http://ontsure.net/tb.php/834-3151bce8