エフゲニー・キーシンのショパンピアノコンチェルト

2012年10月22日
2012-06-23 2012-06-23 002 009.jpg

昨日NHKのラララ♪クラシックという番組で、エフゲニー・キーシンの演奏が放映されていました。
昨年の来日公演の演奏で、ショパンのピアノコンチェルト第1番でした。

神童と呼ばれ、わずか10歳でデビューしたり、あまりコンクール歴がないのに国際的に活躍をしている所、作曲もして自分で演奏していた所なども、まさにモーツァルトなどの歴史上の音楽家たちと肩を並べるような感じですね。

コンサートなどでは、深々とお辞儀をするという礼儀正しさや、日本でのデビュー時は、どことなくあどけなさもあり、それなのに素晴らしい演奏をひょうひょうと&軽々と弾きこなす天才ぶりで、ブームにもなりましたね。
懐かしいですね。
そんなキーシンも、もう40代なんて、月日が流れるのは早いなあと感じます。

昨日放映されたショパンのコンチェルトも、楽譜や基本に忠実に演奏しつつ、隅々まで心を込めた演奏で、テレビで聴いても素晴らしい演奏でした。
すべての音のバランスも良くて、聞き取りやすい演奏なので、聴音がしやすそうな感じです。
弱い音もとてもきれいですし、クセのない演奏なので、生徒さん方にもお勧めしたい演奏ですし、お手本にもなる演奏家かもしれません。

今度は生で聴いてみたいなあと、益々感じます。




ベートーヴェン:ピアノ協奏曲 全曲

EMI MUSIC JAPAN(TO)(M)

Amazon のページ
関連記事
この記事へのコメント
コメントを書く

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事へのトラックバックURL
http://ontsure.net/tb.php/820-d9eccc7e