年齢別に見るピアノ発表会

2012年11月22日
2012-11-10 2012-11-10 001 003.jpg

ピアノの発表会は、クラスによってさまざまなやり方や進行の仕方があります。
一番多いのは、年齢別に、小さい生徒さんが始めの方で弾き、中高生など大きい生徒さんが後ろの方で弾くパターンですね。
チビッ子の中でも、特に小学生未満の生徒さん方は、体も小さく、仕草もかわいらしいので、舞台に登場するだけでも発表会の雰囲気を和やかにしてくれます。
「ド、ド、ド」と弾くだけでも、一生懸命弾いている姿が何ともけなげに見えて、かわいらしかったりするものです。

発表会は、

どの位の年齢の生徒さんがどんな曲を弾くのか、
どの位の曲の完成度なのか、
どんな雰囲気なのか
皆さん、どんな服装をしているのか

など、発表会の進行や演出、曲選びなど、色々と参考になる事も多いので、色々と見学したいのですが、実際にはなかなか難しいのが現状です。

でも、今はネットで他のクラスの発表会の様子を見られるようになり、便利ですね。
http://chappyoukai.blog.fc2.com/

小さい子の中でも、小学生未満のチビッ子を見ますと、3歳、4歳、5歳と年齢が1つ違うだけでも、かなり演奏などが違ってくるんだなあと改めて感じます。
5歳になりますと、かなりしっかりお弾けるようにもなりますね。

ピアノは個人レッスンが圧倒的に多いので、他の方がどの位の年齢でどんな曲を弾いているのかは、情報も少なく、気になるものですね。
上手に参考にすると、モチベーションアップにも繋がるかもしれませんね。
関連記事
この記事へのコメント
コメントを書く

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事へのトラックバックURL
http://ontsure.net/tb.php/813-199f8801