ピアノ発表会 子供&大人合同

2012年11月25日
2012-11-10 2012-11-10 002 008.jpg

ピアノの発表会で、ピアノの先生は司会をしたり、連弾を一緒に弾いたり、譜めくりや、譜面台・足台・補助ペダルの設置など色々やることがあります。
また、舞台そでで「ガンバってね」と励ましたり、「よく弾けたわね」とねぎらいの言葉をかけることもあります。
なかなかゆっくりと聴く機会がないのですが、久しぶりに客席でゆっくりと聴く機会がありました。

レッスンの時には、すぐ脇で聴いているのですが、ホールで聴きますと、また色々と見えてくるものです。
中でも、音の響きや音色については、発見することが多い気がします。

普段のレッスンではあまり感じなかったのに、ホールの客席で聴きますと、思った以上に音色の変化が表現されていて「あ、いいなあ」と思うこともあります。
もちろん逆に「あれっ、もっと軽く弾けるといいなあ」とか「思ったよりも左手の伴奏の音の粒がくっついていて、あまりきれいに聞えないなあ」と思い、今後のレッスンの課題が見つかることもあります。

発表会などの本番の演奏を客席で聴くことも、とても大切なんだなあと改めて感じます。
本番で弾く立場では、本番が終わったら、もうこの曲は弾きたくないとか聴きたくない等と思う事もあるかもしれませんが、本番の演奏を録音して、改めて聴くことも大切な気がします。
関連記事
この記事へのコメント
コメントを書く

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事へのトラックバックURL
http://ontsure.net/tb.php/812-1b06b1a5