ピアノの先生が毎年やりくりしていること

2011年01月20日
2011-01-07 2011-01-07 001 005.jpg

毎年、春になるとピアノの先生が頭を悩ませつつ行う事があります。
それは、レッスン日時の変更に対応することです。
ポーンと単に替えられれば、何の問題もないのですが、そんなことはあまりなく、大半は「う~~~んどうしよう・・・」という状態になります。
空いていない時間帯や、他の生徒さんのレッスンが続いていて詰まっている様な所に限って、そこに入りたい、と言われてしまうんです・・。
まあ生徒さんからしますと、そんな事は何も分からないんですがね。
なので、

空きのない時間帯に、どうやって時間を作るのか??

が、先生の腕の見せ所!?となるのですわーい(嬉しい顔)
この1月下旬の段階で、すでに3人の生徒さん方から、レッスン日時の変更のご相談がありました。
この時期にしたら多いですね。
今のところ、空いている所にポンと移動するだけで済んでますが、今後はそれでは済まなさそうです・・・。
ご自宅でピアノ教室を経営されている先生は、割と変更はしやすいかもしれませんが、私のように雇われの先生で、しかも毎日色々な場所でレッスンをしている先生は、かなり厳しいのではないかと思います。
なので、1週間のうち何日かは同じ場所でレッスンが出来れば、生徒さん方にとっても、先生が変わらないでレッスン出来ますし、教えている先生の立場から見ても、ずっと生徒さんのレッスンが出来るので、win winの関係になると思うんですがね。

今年の春は、どうなることやら・・・。
ちょっと怖いような気もしています。
関連記事
この記事へのコメント
コメントを書く

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事へのトラックバックURL
http://ontsure.net/tb.php/789-4bc7b850