音楽とフィギュアスケートグランプリシリーズ

2008年10月26日

秋も深まってきますと、いよいよウィンタースポーツが始まってきます。
今、アメリカではフィギュアスケート・グランプリシリーズが開催されていますね。

スケーターの技術と、演技や衣装の華やかは、見ていますと、スポーツ、というよりも、もはや一つの立派な芸術のような気がしています。

そんな美しく華やかな世界に、無くてはならないものが、音楽です。
その中でも、特に好まれているのが、オーケストラの演奏でしょうか。
あの、迫力と、壮大なスケールは、やはり、オーケストラにしか出せない世界です。
ピアノのせんせいをしている立場からすると、ちょっと悔しいのですがね。(笑)

まあ、以前、浅田真央選手が、ショパンの幻想即興曲にあわせて、演技をされた時には、
やったー、ってひそかに、思っちゃいました・・・わーい(嬉しい顔)

s-IMG_2022.jpg



さて、今行われている女子のシングルでは、ミキティが、バレエの「ジゼル」にあわせて演技をされるそうです。


この「ジゼル」を作曲したアドルフ・アダンは、ほとんど知られていませんが、時代としては、「歌の翼に」や「結婚行進曲」でおなじみのメンデルスゾーンや、先程お話した「幻想即興曲」や「子犬のワルツ」で有名なショパンと同時期の作曲家るんるんです。
しかも、このアドルフ・アダンは、パリで活躍をしていて、今でも超有名な「パリ音楽院」で教えていたんだそうです。
ショパンもパリで活躍をしていましたから、もしかしたら、接点があったかも知れませんね。

ミキティや他の選手の演技が楽しみではありますが、どんな音楽に合わせて演技をするのか、という事にも注目したいですね揺れるハート

関連記事
この記事へのコメント
コメントを書く

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事へのトラックバックURL
http://ontsure.net/tb.php/78-f59e2b8a