小学生でも、自分で楽語が調べられる本!

2011年03月02日
2010-09-01 2010-09-01 001 062.jpg

バイエルを使っているかは別として、バイエル位の教材が終わると、ブルグミュラーの25の練習曲を弾かれる生徒さんがとても多くなります。
アラベスクや、(貴婦人の)乗馬、バラードなどは、今でもチビッ子たちに人気で、早いテンポどころか、大暴走なテンポで弾いてしまうちびっ子もいたりますわーい(嬉しい顔)
まあ、ちょっと華やかなので、人気があるのは、分かりますがね。

そのくらいの教材を使うようになりますと、当然楽譜も細かい指示が書かれたりします。
いわゆる楽語です。
高校生くらいですと、大人が使う様な音楽楽語辞典などを使えますが、小学生には、少々難しい事がとても多いです。
なので、レッスンの度に説明をするわけですが、調べるだけなので、できたら小学生自身に、自分で調べて欲しいなあと思っていました。
そんな時、先日こんなものを見つけました。


新ジュニア音楽辞典
新ジュニア音楽辞典山下 薫子 繁下 和雄

音楽之友社 2011-01-17
売り上げランキング : 298877


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

実際に見てみましたが、総ルビなので、とっても分かりやすく、これなら小学1年生でも自分で調べられそうです。
また、各種楽器の絵と名前が書いてあったり、作曲家の年表が付いているので、楽語以外の話もあります。
ピアノを弾いている小学生に、おススメでするんるん
関連記事
この記事へのコメント
コメントを書く

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事へのトラックバックURL
http://ontsure.net/tb.php/751-704d5421