よく弾けるけど、意外に楽譜が読めていない!?

2011年03月09日
2010-09-01 2010-09-01 001 053.jpg

ちびっ子の生徒さんの中には、本当によく弾けるチビッ子がいるものです。
ガンガンに教材が進み、2・3歳ほど上の学年の生徒さんと同じくらいの曲や、それ以上の難しい曲を弾いていたりもします。
スゴイですよね。

・・・と私も思っていました。

ところが、いざ初見演奏をしてもらいますと、んんっ??という事もあるのです。
音の高さが違っていたり、一番始めの音を読み間違えたために、全部ずれてしまったり。。
きちんと面倒がらずに読むと、ちゃんと音が読めているのですが、どうも少し勘で弾いている気がしました。
なので、尚更お家で、時間をかけて練習をしているのかな、とも思いますし、またそうでない場合は、どうやって弾いているんだろう、と逆に疑問に思う気もします。

盲目のピアニストが国際コンクールで優勝したりしているので、聴いて覚えて弾くことも、音楽的に素晴らしかったら、世界的に認められているとも捉えられますので、十分にアリだと思いますが、きちんと読み取って弾けることも、合わせて大切かな、とも思います。

なかなか考えさせられますね。
関連記事
この記事へのコメント
コメントを書く

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事へのトラックバックURL
http://ontsure.net/tb.php/746-4a70ec1e