天災が起きた時のピアノのお教室

2011年03月12日
2010-09-01 2010-09-01 001 117.jpg

昨日は、大地震が起きて、本当に恐ろしい一日になってしまいました。
まさかこんなにすごい地震が突如起こるなんて、想像もしていなくて・・・

1回目の大地震の時には、私は幸いにも、まだ自宅にいたので、すぐにお教室にレッスンの確認をしたところ、本部から何も指示が来ていないとのことでした。
あれだけ、すごい地震が起きたのですから、当然余震もかなりの規模が起こることは明白なのですがね。
今思えば、自主的にさっさと生徒さん方に電話をして、休講にしておけばよかったんですね。

その後、とりあえずお教室に向かおうと、地元の最寄りの駅まで行ったのですが、電車は完全に止まっていました。
駅員さんに確認したところ、この電車だけではなく、ほとんどの電車が止まっているそうで。
すぐに、自宅に引き返して、生徒さん方に電話をした時には、ケータイも固定電話も全く繋がらない状況でした。

お教室にも、全く繋がらず、どうもお教室のある地区が繋がらないようなので、他のお教室の受付に電話をしたら繋がりまして。
でも、そのお教室からも、内線なども全く繋がらないとのことでした。

その後、しばらくたって、ようやく全面休講の指示がきました。

結局、一人の生徒さんと、夜遅くにメールでや~~~っと連絡が取れただけでした。
1回目の地震の直後は、まだ電話がわりと繋がっていたので、あの時にサッサと自主的に休講にして、生徒さん方に電話をすればよかったと、後悔しました。

こういう天災は、本当に起きてほしくないのですが、いざという時の対応や連絡のマニュアルは、きちんと決めて、とにかく素早い対応をしなければならないなあと、痛感しました。
関連記事
この記事へのコメント
コメントを書く

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事へのトラックバックURL
http://ontsure.net/tb.php/743-9f314ac9