災害時の生徒さん方のお話

2011年03月17日
2010-09-01 2010-09-01 001 050.jpg

ピアノのお教室では、一応レッスンを再開しています。
と言っても、計画停電の合間をぬって、という感じです。
なので、計画停電に重なってしまう生徒さんには、前日に連絡をして、時間変更をご相談しました。
偶然にも、学校が早く終わっていて、帰宅していたり、自宅待機という会社命令で変更が可能な方ばかりでした。

先週金曜の地震後、始めて生徒さん方とお会いしましたが、みなさんやはり大変だったようです。

学校にいた子、
たまたま早く帰宅していて、お父さまも含めて家族全員が、リビングにいた子、

そんな中、避難所で一夜を明かした生徒さんがいらっしゃいました。
地震発生後いち早く、安全そうな離れた町のホテルをインターネットで予約したそうです。
予約確認のメールも来たので、避難していざ行ってみると停電。
その為に宿泊できなかったそうです。
なので、近くの小学校で一夜を明かしたそうです。
停電に断水に、寒さに、本当に大変だったそうです。

大変なのは、これだけではなく翌日にも・・・
電車が止まり、路線バスもなく、移動手段はタクシーのみで、

タクシーを捕まえるのに、4時間かかったそうです。
そして、合計8時間かかって帰宅したそうです。

本当にお気の毒で驚きました。
また、他の被害にあった子もいました。それは

卒業式や謝恩会など、一切が中止になったそうです。

大人しい感じの生徒さんなのですが、人前で賞状などを貰って目立つのがイヤだから、卒業式がなくてもいい、などと言っていましたが。
こういう影響もあるのですね。

ちなみに。。。

先日地震が起きた時にピアノがどのようになるのか?を生徒さんにクイズ形式でお話をしたところ、
グランドピアノを差しながら、相次いで「この下に潜る」と言う子が何人もいて、度肝を抜きましたがく〜(落胆した顔)
しつこいくらいに、何回もお話をしておかないといけないようです。
関連記事
この記事へのコメント
コメントを書く

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事へのトラックバックURL
http://ontsure.net/tb.php/738-be5df6af