音楽家になっていたかもしれない、岡本太郎画伯

2011年04月01日
2011-03-27 2011-03-27 001 048.jpg

「芸術は爆発だ~~~っ!!」でお馴染みで、大阪万博のシンボル「太陽の塔」でも有名な岡本太郎画拍
今年は、生誕100年の記念の年なんですよね。

生前に作品作りをしていた、青山のアトリエが美術館になっていて、色々な作品が展示してあったり、アトリエそのものも残されているようです。
そのアトリエには、なんと、スタインベルグのピアノがあるんです。

しかも、女流詩人の与謝野晶子さんから、岡本画拍のお母さまが頂いたそうです。
へえ~~、日本でも、芸術家同士って交流があったんですね。

岡本太郎さんも、ずっとピアノを弾いていたそうで、画家になるか、音楽家になるか、悩んだそうです。

もし、音楽家になる道を選んでいたら、どんな音楽を作曲していたのか、聴いてみたくなりますねるんるん
関連記事
この記事へのコメント
コメントを書く

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事へのトラックバックURL
http://ontsure.net/tb.php/731-a7559365