読譜力を付ける、その2 ピアノを弾く前の練習

2011年04月18日
2011-04-10 2011-04-10 001 020.jpg

読譜力を付けるいうことは、本当に大切ではありますし、必要な事であるのは、チビッ子はともかく、誰もが感じているものです。
でも、じゃあどうやって練習するのか、と言う具体的な事はよくわからないですよね。
ある程度長くピアノのせんせいをしていますが、「これが効果的だっ!」という即効性のある方法と言うものは、なかなか難しいと思っています。

でも、ちょっと長い期間かけて練習することで、以前よりも読譜力を付けることは可能だと思っています。
人それぞれピンとくる方法が違うので、何が合うのか分かりませんが、ちょっと効果的だったかなあと思う方法がありました。

ピアノを弾く前に、楽譜を読んで、頭の中で音楽を鳴らしてみることでするんるん


まるで、チビッ子がポツポツと音を読むみたいですがね。
でも、きちんとリズムに気を付けて、すらすら~~~っと読むのです。
左手も、同じです。
そして、頭の中で指番号にも気を付けて弾いてみるんです。
私は、これを移動の時や、空いた時間にやってみました。

そして、お家に帰ってピアノを実際に弾いてみますと、かなり早く弾けるようになっていました。

今は電子ピアノやサイレントピアノ等があるので、いつでも弾けますが、そういう機能のない、通常のアップライトピアノやグランドピアノをお持ちの方で、なあなか自由に弾く時間がないという方にも良いかもしれません。

効率よく練習をしたい方も、ちょっと試してみても良いかもしれませんね。
関連記事
この記事へのコメント
コメントを書く

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事へのトラックバックURL
http://ontsure.net/tb.php/719-9dfca14e