発表会の記念品にもお礼にもピッタリ!人気作曲家のお茶

2011年05月07日
2011-05-05 2011-05-05 001 020.jpg

クラシック音楽は、敷居が高いとか、難しそうというイメージが昔はあったそうですが、随分と変化してきていると思います。
のだめカンタービレのようなクラシック音楽を題材にした漫画や、あちこちで音楽系グッズも見かけますし、平日になりますが、色々なホールで無料や格安のコンサートも開かれるようになりましたし、電子ピアノの普及も、その一旦を担っているかもしれません。
もちろん、ラ・フォル・ジュルネもそうですね。

また、食べものとのコラボもよく見かけるようになりました。

先日知ったのは、ショパンのお茶、モーツァルトのお茶です揺れるハート揺れるハート

お茶と言っても、紅茶ではなく、日本茶です!
お茶を育てる時に、それぞれの音楽を聴かせて育てたそうです。
もちろん、それぞれ異なる味わいだそう。

個人的に、かなり気になりましたわーい(嬉しい顔)

コーヒーや紅茶は、人によって「コーヒー党」「紅茶派」というように分かれる事もありますが、日本茶は万人うけしそうですね。
それに、海外に行っても、機内ではジャパニーズティーって、必ずあるような気がします。
グローバルな飲み物ですね。

ちょっと高級なお値段ですが、だからこそ、発表会の記念品や、先生へのお礼を考えているときにも、ピッタリかもしれません。
もちろん、ご自宅でくつろぐ時に飲むのも、よいですしね。

畳屋の姉さんが語る 株式会社新海畳店 に、写真が載っていました。
関連記事
この記事へのコメント
コメントを書く

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事へのトラックバックURL
http://ontsure.net/tb.php/704-5529df37