ピアノ上級者が目標にする曲

2011年06月03日
2011-04-29 2011-04-29 001 033.jpg

昔と違って今は、ピアノのお教室もインターネットで検索して足を運ぶ方が増えてきています。
先日もそんな方が見えました。

高校2年生までピアノを習っていたそうで、その後はお友達とバンドをやっていて、シンセサイザーを弾いているそうなんです。
男性の場合、そういう方もちらほらいますがね。
背が高いので、指も長く、オクターブが余裕で届くレベルではなく、10度もきちんと弾けそうです。

ピアノを習っていた時にどんな曲を弾いていたのか聞いてみますと、ベートーヴェンの「悲愴」ショパンの「幻想即興曲」リストの「ラ・カンパネラ」など・・・。

カンパネラを発表会で弾いていたとは、驚きです!

少しだけ弾いて貰いましたが、まあよく指が動くんですね。手が大きいので、カンパネラの音が飛ぶ所も、音がはまる、はまる・・・。
私が昔弾いていた時は、結構気を付けないと厳しかった気もしましたので、んんとも羨ましい気もしました。

そして、これから弾いてみたい曲は??と聞きますと、ショパンの「英雄ポロネーズ」と、


リストの「メフィスト・ワルツ」るんるんるんるん


というのです。
メフィストが出てくるとは・・正に想定外で、またまたビックリです。
確かにこれだけ指が動くと、テクニック的には、確かに弾けるかも・・・。

でも、まさか街のピアノのお教室で、メフィストをレッスンすることになったら、これは大変な事になりそうです。
まずは、自分が練習しておかなければ・・・。

こういう方も、ピアノのお教室に見えるんですね。
関連記事
この記事へのコメント
コメントを書く

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事へのトラックバックURL
http://ontsure.net/tb.php/683-c5020c5a