リストを育てた、名教師チェルニーのピアノ指導法

2011年06月25日
2011-06-11 2011-06-11 002 006.jpg

カール・チェルニーと言いますと、ソナチネアルバム位を弾いていたり、ちょっと専門的にピアノを勉強している人にとって、超有名人です。
物凄い数の練習曲を書いた人です。

チェルニー100番練習曲
チェルニー30番練習曲
チェルニー40番練習曲
チェルニー50番練習曲

等など。まだまだ山のように練習曲がありまして、ホントに恐ろしい位の量の練習曲を作ったんですよね。
特に音高・音大生や、その卒業生だったりしますと、このチェルニーに苦しめられた経験のある方も、たくさんいると思います。
もちろん私もその一人です。

「よく飽きずに、練習曲ばっかり作ったなあ」と、半分呆れつつも、妙にすごいなあと思ったり。。。
このチェルニーの練習曲は、またなんせ面白くないのです。
いかにも練習曲で、ホントに稀に稀に「まあまあ、ちょっとは面白いかな」という曲に当たる位でして、大半は本当につまらないのです。
モシュコフスキーの練習曲とか、ショパンの練習曲とかなら、良いんですがね。

でも、このチェルニーの練習曲を順番通りに進めないと、ショパンの練習曲にたどり着けないですし、ショパンの練習曲を弾けるようになっていないと、音大の受験すらできないという事にもなっているのです。

なかなか、酷な話の様な気がします。

でも、チェルニーは当時、とっても有名な音楽教師だったのです。
ベートーヴェンの一番弟子とか愛弟子と言われ、かのピアノの魔術師にして、最高のピアニストだったと言われているリストを教えていた人なのです。

そんな背景から見ますと、恐ろしい程の量の練習曲を作ったのも、とってもよくわかりますね。
教えることにとても情熱を注いでいたんですね。


リストを育てた名教師チェルニーが、どのようにピアノを教えていたのか??


(当時はまだ現代のピアノとは異なりますが)
とっても興味深いですね。

なんと、その指導法が本になっていましたexclamation×2exclamation×2


2011-06-25 2011-06-25 002 001.jpg
ツェルニー若き娘への手紙
ツェルニー若き娘への手紙K. ツェルニー 渡辺 寿恵子 中村 菊子

全音楽譜出版社 1998-12-10
売り上げランキング : 995306


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


1861年に、アメリカの出版社から発売されたそうで、手紙形式でレッスンをしているという設定で書かれています。
当たり前の事も書かれていますが、改めて「やはりそうよね~」と思う事もたくさん書かれています。
とても分かりやすい口調で書かれているので読みやすいですし、内容的にも難しくないので、教えている人にも、習っている人にも、また一人で弾いている人にも、参考になると思います。

ほんのサイズもスケジュール帳くらいの大きさで、結構薄めなので、持ち運びも楽です。
私は、移動中に読んでいます。
(たまに電車の中が暗くて読みにくいんですがね)
関連記事
この記事へのコメント
No title
ふーちゃん様
何処かで、お会いしましたね。FUMIです。
ピアノを習っていて、最後にクラーマーを先生に指定されました。50番チェルニーを指定される、と覚悟していましたが。
今は、おさらいのつもりで、100番から挑戦したいと思
いました。そして、30番、この練習曲ですね。
今、クラーマー派とチェルニー50番派に分かれています。両方マスターされた方もいます。
私も、頭が混乱してきました。
チェルニーは、速度が速いので、1番からプレストでし
たね。独学者にとって、解説が付いてると有難いです。
Posted by FUMI | URL | 2012-03-12 [編集]
No title
解説が書かれていますと、確かに練習しやすいですね。
でも、「これは何のための練習曲なのか?」などと考えながら練習するのも、また別の意味での練習にもなりますよね。
Posted by ふー | URL | 2012-03-12 [編集]
No title
お忙しのでしょうが、チェルニーの他に、ちょっとした
曲集を入れてみては、如何でしょうか?練習曲だけでは、
苦しくなってくるだけだと、私は思うのです。お好きな曲
を加えてみることを、お勧めします。楽しく、なると思います。
Posted by FUMI | URL | 2012-03-13 [編集]
No title
ふー様
訳の解らないコメントを入れて、申し訳ありませんでした。私は、30年前に、止めザろう理由ができて、その時、辞めました。今の計画として、当時からあった楽譜、
ハノン、ブルグミュラー25、チェルニー100番と、本当に、初心に戻りやって行きたいと切望しています。今は、ピシュナ、コルトー、モシュコフスキー、ぶらーむす
51の練習曲と沢山あるのに驚きました。私は、全音のかたが、アドバイスしてくださったように、当時の楽譜で良いと思います、の言葉に救われました。当時の先生の指示で、クラーマーも少しやりました。クラーマーも良い練習曲ですよ。
Posted by FUMI | URL | 2012-03-14 [編集]
No title
大事な練習曲の中に、バッハもあると思うのです。2声から始まり、3声へ。私も、2声は、やりましたが、3声は
挫折です。指の強化の練習ですが、ハノンが一番いいと思います。次に、チェルニー、そして曲集を必ず入れると、飽きがこないと思うのです。
ショパンのエチュードは、難し過ぎますね。
Posted by FUMI | URL | 2012-03-15 [編集]
No title
ふー様
あれもやりたい、これもやりたいでは虻蜂取らずです。
しかし、最近、バッハを弾きたくなりました。1日少しの
時間で良いのです。バッハは、落ち込んでいる時、泣きたいときに、効果てき面なのです。バッハこそ私の精神安定剤なのです。独学で、バッハは難しいですが、ご指導お願いします。楽典の本も拝読していますが、忘れていて駄目
ですね。幼稚園から使っていたノートを出してきて、少し
勉強しています。英語は、これからの世の中必要かと思い、放送大学の超入門コースをラジオと、テレビでやりたいと思っています。
Posted by FUMI | URL | 2012-03-17 [編集]
No title
ふー様
何しろ不慣れなもので、何処からどう付けて良いのか解らなくなりました。戻り過ぎではないの?と、ご指摘を受けました。昔の先生のようにある程度できるようになれば、
少し飛ばそうとも考えています。
私も、何を思ったのでしょう?昔、ブラームスのラプソディー1番、2番、発表会で弾きました。そして、小品集の
3番のバラードを弾きました。私とイメージが合うために
練習しました。合うとのイメージだそうでした。だからと言って、私も、練習曲の楽譜が見たくて購入しました。軽はずみでした。皆が、ブラームスは難しいと言っているのに、とんまですね。まして、独学で。ブラームスには、管理人さんがいるので、宜しくお願いします。この楽譜は、
当分の間は、封印します。基本からです。
Posted by FUMI | URL | 2012-03-18 [編集]
No title
ふー様
友人に言われました。ピアノに年は関係ない。私だって、
いい歳になってからも、この曲集おさらいしたんだよ。
なるほど、良いことを言う人だと思いました。この言葉で、吹っ切れました。
それから、私はピアノを楽しみたいのです。そう云う意味
での、バックアップをお願いします。
もう、先生の言葉が、教えになります。
Posted by FIMI | URL | 2012-03-22 [編集]
No title
ふー様
久しぶりに、ピアノを弾きました。チェルニーは、3番まで弾きました。殆ど、所見の感覚でした。少し、もたつきましたが、ふー様だったらどう注意しますか?指番号は、守ったつもりです。明日も復習です。腱鞘炎にならないように、気を付けていきます。これからも、宜しくお願いします。
Posted by FUMI | URL | 2012-03-22 [編集]
No title
ふーちゃん様
やっと、自分の方向性が決まり、チェルニー100番から
おさらいです。先日も、指が慣れていないので、1から3番までにしておきました。ハノンを弾いた後か、思ったよりも、指が動きました。自分としては、まあまあいけたかな?と云う感じです。指番号は守りました。もう一回やって、ふーちゃんのお墨付きが頂けるかどうか?
それにしても、最初の頃は本当に、退屈ですね。それでも、練習していきます。自分の楽しみを作るために!!
Posted by FUMI | URL | 2012-03-24 [編集]
No title
ふー様
今、おさらい中の100番練習曲の12番が終わったところです。小学1年の時に習っていたので、あまり記憶にありません。楽譜に先生が注意書きを頼りに、練習しています。ここの、コーナーは、本来、50番のためのものですよね。このブログを潰さないように、投函した次第です。
私のチェルニー歴は、40番終了です。そして、先生に、クラーマーを指定されて練習していました。
最近、チェルニー50番のブログを拝見していますが、皆さん、You Tubeを拝聴してますと、お上手ですね。
Posted by FUMI | URL | 2012-04-01 [編集]
No title
ふー様
今日は、少し頑張って、フィールドとレイバッハのノクターンを弾きました。いい気持でした。達成感が味わえました。今度は、ショパンのノクターン90-2に、挑戦です。このことを、ふー様に伝えたくて、書き込みました。
そう簡単に、着手しません。まだまだ、鍛錬しないとなりません。
Posted by FUMI | URL | 2012-04-01 [編集]
コメントを書く

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事へのトラックバックURL
http://ontsure.net/tb.php/666-4acfbcfd