生徒さんの気持ちがわかる、発表会のコメント その2

2011年07月12日
2010-08-28 2010-08-28 001 136.jpg


生徒さんの気持ちがわかる、発表会のコメント その2です。

毎年発表会で読み上げるコメントを着々と回収しています。
普段のレッスン等で、面と向かってはあまり言わないような事でも、文章として書きますと、ピアノの先生としても、生徒さんの考えや思いを知る、よいきっかけにもなります。

特に、チビッ子は、上手くまとめるという感じでは書かないので、意外にも本音をポンと書いてくれるので、興味深かったりします。
例えば、「何で、その曲を発表会で弾こうと思いましたか?」の回答では、

挿絵がかわいかったからハートたち(複数ハート)

保育園児だからこそ、許される!?可愛らしいコメントですわーい(嬉しい顔)
これをそのまま本番で読んでいいのか、ちょっと迷う様な気もしますがね。


「発表会が終わったらやりたいことは、なんですか?」という質問の回答では、

クレープ屋さんで、クレープを食べたいですexclamation

なんとも、小学生らしくて、これもまた好感が持てます。
すぐにでも叶えてあげたい位です。

そして、もっと学年が上がって、中高生ともなりますと、また違ってきます。
「意気込みを書いてください」のコメントでは、

思いを込めて弾くので、皆さまに伝わるように頑張りまするんるん

さすが中高生のコメントです。
本番の演奏がますます楽しみになります。
また、「ピアノを弾いていて、又レッスンに通っていて、よかったなあと思う時は?」という質問の回答では、

自分が弾きたいように弾けた時。でも、意外と少ない。

いや~、自分のコメントかと思ってしまいます(笑)
なかなか奥の深いコメントで、小学生には書けないコメントかも!?
そうなんです、思い通りにいかなくて、苦しむんですよね。
でもそれを乗り越えた時、喜びがあることも確かで、これは経験した方でないと分からないかもしれません。
さすが10年もレッスンに通い続けますと、色々と見えてくるんでしょうね。

当日、ご家族がお子さんやお孫さんのコメントを聴いたとき、どのように感じるのか、どのようなリアクションなのか、ちょっと楽しみな気もします。
関連記事
この記事へのコメント
コメントを書く

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事へのトラックバックURL
http://ontsure.net/tb.php/654-bc6e56b8