ピアノ発表会本番の演奏を再確認してわかること

2011年07月18日
2010-08-29 2010-08-29 001 030.jpg

ピアノの発表会では、もう5・6年ほど前から個人的にビデオ撮影をしています。
もちろんピアノ発表会では、誰でも写真やビデオ撮影がOkなので、生徒さんのお父さま方が、熱心に撮影してる姿もこれまでに、ちらほら見かけていますがね。
本番では、チビッ子の発表会の場合、楽屋と言うのか、舞台そでにいてアナウンスをしたり、連弾の為に控えていたりするので、実は殆ど客席で聴いた事がないんです。
音大の教授のように、客席でじっくり聴くということが出来ないんですよね。
もちろん、舞台そででは聴いていますが、音のバランスや音の響きなどは、よくわからないんですよね。

先日の発表会でもビデオ撮影をして、自宅で再チェックしてみました。
「あら~っ、どうしちゃったのかしら??」という演奏だった生徒さんが、ビデオで聴く限りではそこまで酷くはなかった・・・というちょっと嬉しい!?ことも発見しましたが、もちろん逆の事もありました。

演奏そのものについて、というよりも、ステージマナーの事が、とっても気になったのです。


初めて参加した生徒さんが、ぼーーーーっとしているのは、まあよくあることで、いかにも状況が理解できていない雰囲気ですが、なんせホントに小さいチビッ子なので、かわいらしく見えたりするんですが。
ご両親の声援に答えて、歩き上がら手を振ってしまったチビッ子もいて、舞台そでで見ていた私は、思わず「あちゃー・・・」と頭を抱えてしまったこともあります。
「あんなに、さんざん登場の仕方を練習して、お辞儀の角度とか、椅子に座ったら髪の毛とか顔などを触らないとか、お上品に歩くけれど、スピードはいつも通りなど、本当に細かく練習w積んでいたのですが。。。

まさか、手を振ってしまうバージョンまでは予測できませんでした。。。
チビッ子、恐るべし!!です。

でもまあ、こちらもホントにチビッ子なので、ちょっと愛きょうという感じで終わりますがね。

ステージマナーと言うと、ちょっとかしこまってしまうのですが、要は舞台上での立ち振る舞いのことで、特に舞台上を歩いている時の姿が、かな~~~り気になったのです。

ものすごく手をブンブン揺らしている生徒さん、
お辞儀をして、頭が元に戻る前に動き出してしまう生徒さん、
随分と前につんのめって歩いている生徒さん

等など。
クセなのか照れているのか、判断が難しいのですがね。
でもいずれにしても、美しい立ち振る舞いではないことは、確かです。
これは、なんとか来年には改善したい所です。

・・・という私も、普段通りに結構大股で歩いているようで、結構勢いよく登場しているんですよね。
恐ろしく変ではないのですが、優雅とは言えないなあ~とちょっと反省しています。
関連記事
この記事へのコメント
コメントを書く

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事へのトラックバックURL
http://ontsure.net/tb.php/649-64ca39ea