ピアノの先生の仕事、レッスンを行う前にすること

2011年09月05日
2011-08-19 2011-08-19 006 001.jpg

ピアノの先生という仕事は、ピアノのレッスンをすることが一番の仕事です。
でも、レッスンをするための仕事というのか、勉強も色々としなければなりません。

毎年発表会がありますが、その時に、生徒さん方に色々と曲を紹介します。
毎年同じ曲を使いまわすという訳にはいかないので、色々な作曲家の作品を知っておく必要があります。
なので、紹介する前に、色々な楽譜を見て、用意をして、色々と弾いてみています。

また、他の生徒さんをレッスンすることもあります。
その時には、初めて知った曲というのもありますので、その時は大変です。
レッスン前までに、曲を弾いて理解して、という準備が必要になります。
時々、とても個性的な曲だったりしますと、すぐに弾けても、理解するのに時間もかかります。

色々な曲をまずは弾けるようにしないと、レッスンの組み立てや、ポイント、注意しないといけないところなどが、把握しにくい気がします。
それを短時間で行わなければならないので、初見演奏の力が、結構必要かもしれませんね。
関連記事
この記事へのコメント
コメントを書く

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事へのトラックバックURL
http://ontsure.net/tb.php/618-412b2f3c