ピアノを習っている子供が気を付けるとよいこと

2011年09月06日
2011-08-19 2011-08-19 006 005.jpg

ピアノのレッスンは、お教室によって、またレッスンを担当している先生によっても、かなりの違いがありますが、ちびっ子のようなお子さんの場合、ワークを使うことが多いようです。
私も、ある程度まではワークを使っています。
ワークを使って、音を覚えたり、リズム打ちをしてリズムを覚えたり、楽典的なことを覚えたりもします。

宿題にもしているのですが、どうもワークをするのが好きなちびっ子が多く、たくさんのページをどんどん進めている生徒さんが、実は結構いたりします。
頑張ってどんどんやってきてくれているので、すごいなあ~と感心して、「頑張っているわね~。すごいわあ~」と褒めると、嬉しいようでますます頑張ってきてくれるようです。


でも、ここでちょっと気を付けないといけないことが・・・


それは、単に行うだけではあまり効果的ではないということなのです。
スピードを重視しない方がよい気がするのです。
やる気が大切なので、出来るようだったら、どんどんやってきてね~、とお話していた時期があるのですが、そうしますと、本当にガンガンに進めてきてくれるのです。
ところが、宿題でやってきてもらったワークを、復習で問題を出してますと、


??


ということが、結構あるのです。
特に、幼稚園生や小学校低学年の小さい生徒さんが、音符を書く場合に、結構見られる現象のような気がしています。

どれだけ理解をしてやっているのか??が大切だと思うのです。
関連記事
この記事へのコメント
コメントを書く

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事へのトラックバックURL
http://ontsure.net/tb.php/617-d999b1f9