影絵で音楽の世界を表現!藤城清治 光のシンフォニー展

2011年11月30日
2011-11-26 2011-11-26 003 001.jpg

明日から12月になりますね。
もう、すでにお教室にはクリスマスツリーが飾られています。
毎年、本物の木を使っていて、しかもわりと大きな木なので見応えもあって、ちびっ子たちにも人気のようです。

日本の影絵の第一人者である、藤城清治さんが、宮沢賢治の「セロ弾きのゴーシュ」や、楽器や音楽をテーマにして、クリスマスをモチーフにした影絵の作品展を開催しています。

影絵でクリスマスを楽しめるなんて、なんだかロマンチックですね。
しかも、音楽がモチーフですから、「ピアノが描かれている影絵がないかなあ」と探してみるのも、ちょっと楽しみですね。
12月11日までの開催で、銀座のヤマハの 地下2階にあるスタジオで開催されています。

HP。 http://jp.yamaha.com/events/fujishiro/
関連記事
この記事へのコメント
コメントを書く

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事へのトラックバックURL
http://ontsure.net/tb.php/581-0696d8f1