半年間ずっと1曲を弾き続けている、大人の生徒さん

2008年11月11日

大人の生徒さんMさんは、ピアノるんるんを始めて6・7年ほどたちます。
大人になってからピアノを始めた方です。

s-IMG_2104.jpg


昔からピアノに憧れていたそうですが、なかなか始める機会がなく、そんな中、お子さまはど

んどん独立していき、お子さまが使っていたピアノだけが、残っていて・・・という状況だっ
たようです。
大人の生徒さんでご年配の方の場合、そのようなきっかけで始める方が多い気がします。
このMさんは、月に2回ピアノるんるんにいらっしゃいますが、実は半年ほど前から、ずっと同じ曲を弾

き続けています。
ちょっとテンポの速い曲で、左手の和音の種類が多彩なので、まあ、難しい曲だとは思いますが。

しかも!?この曲だけを1時間のレッスンで、弾き続けているのです。
ピアノの先生から見ますと、コレってけっこうツライです。。。(笑)


大人の生徒さんの場合、1回のレッスンで1曲弾く、ということは多いんですがね。

でも、このMさんはここ1・2ヶ月ほどは、けっこうすらすらと弾いているのに・・・なのです。
ピアノるんるんのレッスンって、個々の生徒さんによって、「まあ、だいたいこの位弾けたら、マルに

していいかな」というラインがあります。
また、曲によって「この曲は、ココとココが出来たら、まあOkかな」ということもありますね。

これに添って、練習しているピアノの曲を終わりにするのか、次回に持ち越すのか、決めてい

ます。
ピアノるんるんの先生の考え方とか、指導のカリキュラムとかがありますから、まあ、一概には言えませんが。
このMさんの場合、少なくともここ1ヶ月は、「まあ、大体弾けているから、マルでいいかな」と私は、思っているんです。

なので・・・
「あっ。今の演奏、けっこう良かったですね。すらすら~と弾かれていましたし、この部分も出来ていましたし。いいんじゃないですか・・・」なーーんて、マルを促してはいるのですが、どうもMさん自身が納得されていないのです。

なので、先程みたいに私が話しても
「あっ、まだ時間あるわよね。じゃあ、もう一回」といって、ピアノを弾き始めるのです。(笑)


すごいですねー、この向上心。この粘り強さ。

私だったら「ピアノるんるんの先生が、Okって言ってるし、やったー、合格してラッキー!」って思っちゃうんですがね。

この違いはなんでしょうかね、性格の違いなんですかね。

なので、今日のピアノレッスンでも2回ほど、けっこうバッチリピアノを弾けていたのですが、持ち越しになってしまいました。。。

でも、帰りがけにMさんが
「せんせい、私この曲、もう半年も弾いているのよね。こんなんじゃ、いつまでたっても終わらないかしら。」とおしゃるのです。

「あーー、まあ・・・でも、この曲けっこう難しいですからねえ。では、次回でおしまい、という事でいかがですか、ちょうど、11月いっぱいで区切りもいいですし」

「そうねー」

でも、きっと、この調子だと、来月に持ち越しかなあ。。。(笑)
ピアノるんるんの先生としては、Mさんの向上心と粘り強さを、チビッコたちに学んで欲しいところですわーい(嬉しい顔)

関連記事
この記事へのコメント
コメントを書く

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事へのトラックバックURL
http://ontsure.net/tb.php/57-a41fba6d