楽譜が読めない子供に愕然とする親御さん

2010年03月09日
2010-03-04 2010-03-04 001 044.jpg

今は、一年の中で一番「ピアノを始めよう」「子供にピアノを習わせよう」と思われる方が多くなる時期です。
なので、お試しの体験レッスンや新規に入会される方も増えてきます。

ひと昔前は、幼稚園・保育園のお子さまに音楽を習わせようと思う場合、あまり迷わず、グループレッスンに通わせることが多かった気がします。
でも今では、そのような方がいる一方で、グループレッスンと個人レッスンとを比較・検討される方が増えているようです。
また、グループレッスンを終了して新年度に進級するか、それとも個人レッスンに移行するかと、お考えになる方もいらっしゃいます。


そのような方のお話を伺いますと、

出来る子に合わせたレッスンの進め方なので、子供が付いていけない

と言うのです。
グループレッスンの場合に時々起る現象ですね。
カリキュラムが決められていますから、すべてのお子さんのペースを尊重したレッスンがしずらい一面があります。
これは、私自身もこれまでに時々聞くことなので、そんなに驚かなかったのですが、その後にお話しされたことにびっくりしましたがく〜(落胆した顔)


グループレッスンのお子さんたちみんなが、全然楽譜が読めないんです!


ええーーっ?!
よくよく聞きますと、どうもグループレッスンの終了の時期で、グレードを受ける対策として、
楽譜を読んで弾いていくレッスンをいきなり始めたようなのです。
そうしたら、なんと、そのグループの弾ける子たちも、全然楽譜を読めていなくて驚いた、というのです。

もちろん、グループにっても、お子さんたちによっても、またレッスンの先生たちによっても、色々と状況が違ってくるとは思いますが。

お母さま自身がピアノを習っていた場合、特に驚いて「こんなことで、よいのでしょうか?」と思われるような気がします。
どの程度読めていなのか、よくわからないので、なんとも言い難いのですが、
「楽譜を読んで弾く事は、ある種の訓練ですので・・・」とこれからでも十分に出来るようになると言う旨をお伝えして、あまりお家の方が深刻に悩まれないように、お話をしました。

ちょっと驚いた出来事でした。
関連記事
この記事へのコメント
コメントを書く

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事へのトラックバックURL
http://ontsure.net/tb.php/535-bc95be3d