ピアノを辞める時に、ピアノの先生がやってほしくないこと

2010年03月15日
2009-09-02 2009-09-02 001 079.jpg

朝から、なんだかテンションが下がりそうな話題で申し訳ない気がしますが・・・

この時期、残念ながらピアノのお教室を辞められる生徒さんが出てきます。
卒業や学校の修了式などを迎えたり、塾に通い始めたり、引っ越しも結構多いですね。

私がレッスンを担当している生徒さんは、4・5年以上ほとんどそのような生徒さんはいなかったのですが、今年は当たり年らしく?!ぽろぽろと残念なお別れをすることになっていますもうやだ〜(悲しい顔)

生徒さんには、それぞれの生活や人生、考え方がありますので、どうしても仕方のない事も多いので、その決断自体を色々と意見するつもりはありません。

でも、その時の行動などによって

もう少し、考えてほしいなあ~

・・・と思う事もあります。

大抵の方は、問題なくきちんとして下さるのですが。例えば、

子供にピアノを辞める事を言わせる。

高校生くらいでしたら、まあそんなに違和感は感じないのですが、小学生の生徒さんに「私ね、ピアノ辞めるんだって」と言われた時には、ほんとに驚きました目

今はフルタイムでお仕事をされているご両親が多いので、直接お話をすることは難しいと思いますが、一筆書いて生徒さんに持たせる事は、十分可能なのでは。

また、最後のレッスンの時も、お家の方がいらっしゃらず、ホントにいつものレッスンの終わりと同じように、サヨナラした小学生もいましたね。

生徒さんも私も楽しくレッスンをしてきたのに、このような終わり方ですと、けっこう残念ですし、ピアノの先生としては、頑張ってレッスンをしてきたのに、これまでの事はなんだったんだろう?なんて思ってしまいます。

なんだか、がっかりしますね。

サヨナラはしたくないのですが、もしそうなってしまうのなら、スマートにしたいものです。

関連記事
この記事へのコメント
コメントを書く

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事へのトラックバックURL
http://ontsure.net/tb.php/531-03193ef0