今年の発表会の衣装・洋服、お勧めドレスについて

2010年07月24日
2010-07-18 2010-07-18 001 133.jpg



今年の発表会は、実はまだなのですが、先日の発表会での生徒さんや、ピアノの先生たちの洋服・衣装について、書きたいと思います。
ちびっ子の生徒さんは、やはり、女の子の場合、ワンピースが圧倒的に多かったです。
木綿のワンピースに、白いレースの靴下、サンダルまたはエナメルの靴、というスタイルが人気ですハートたち(複数ハート)
実際にお母様方に聞いたわけではないですが、おそらく、ピアノの発表会が終わっても、ちょっとお出かけするときにも着回せる服、ということも考えているのかなと思います。

ドレスの場合ですと、お出かけに着るわけにはいきませんからね。
でも、ピティナなどのコンクールに参加する場合は、地方予選でもドレスを着ているちびっ子がほとんどでした。
お客さんがいるわけでもないのに、ちゃんと!?ドレスを着るんですね。

男の子の場合は、幼稚園生くらいでは、シャツにネクタイみたいなスタイルで、小学生くらいになりますと、普通に、Tシャツと短パンという、一気にぐっとカジュアルになっています。
まあ、中学生位ですと、制服を着るという選択肢もあるので、季節によってはジャケットを着ることもあるのでしょうが、小学生という年齢的には、ちょっとしたお出かけ着というものが無いので、普段着と変わらない洋服になるのかなあと思います。
これまでの私の発表会の生徒さんを見ていても、小学生の男の子は、ほとんどが普段着でしたね。


ピアノの先生の洋服・衣装については、自分がピアノを弾くのかどうかで、かなり変わります。
講師演奏をする場合には、ほとんどん先生がドレスです。
そして、講師演奏をしない場合には、ワンピースだったり、普段着よりもちょっとおしゃれな感じのお洋服だったりします。
講師演奏をしなくても、集合写真に写るので、ジーパンとかではなく、それなりのお洋服を着ることになりますね。

講師演奏をする場合には、ドレスを着るのですが、これはピアノの先生によって、かなり変わります。
ほとんどがロングドレスなのですが、丈は足が見える位だったり、完全に隠れる長さだったりします。
これはそれぞれの先生の好みなんですね。
そして、裾はストーーンと膨らまないエンパイアや、せいぜいAライン位までで、中にパニエが入っているものは、ほとんど着ないみたいです。
やはり、演奏会ではないので、そこまで華やかにならないように、ちょっと加減しています。

アクセサリーも、控え目にすることが多い気がしますが、これも先生によって変わるので、しっかりと光りものぴかぴか(新しい)の大ぶりのネックレスとイヤリングをしている先生もいました。
ヘアスタイルはも、あまりガッチリとアップにすることは、少ない気がします。

靴は、通常の演奏会と同じように、ゴールドやシルバー系を履くことが多いですね。
よく見るとミュールを履いていた先生もいて、けっこう驚きましたが。

ピアノのせんせいという立場で見つけた、発表会るんるんのお勧めドレスです。
どれも、それほど派手ではないので、着やすいと思います揺れるハート

オーソドックスなドレス 1枚持っていると便利そう


ありそうで無い色合いがステキ


カラーバリエーションが豊富


フレンジ袖にアレンジしても着られる


胸元の刺繍とレースがきれい


エンパイア


シンプルながら上品さがある


優しい色とかわいらしいAライン



気に入ったドレスはありましたか?参考になるとうれしいですわーい(嬉しい顔)

発表会・演奏会のドレス選び (外部サイト)
関連記事
この記事へのコメント
コメントを書く

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事へのトラックバックURL
http://ontsure.net/tb.php/468-e168314e