ちびっ子に世界3大ピアノの違いがわかるのか?

2010年07月27日
2010-07-18 2010-07-18 001 080.jpg


世界3大ピアノというと、スタインウェイ・ベーゼンドルファー・ベヒシュタインですが、それぞれ歴史のある、ピアノの名器です。
以前個人的に試弾したときに、音の違いに驚いたこともあり、この素晴らしさを生徒さんに伝えたいと思い、勉強会などを開いたこともあります。
このときは平日の昼間だった事もあり、大人の生徒さんが対象になりました。
みなさん、それぞれのピアノの違いや音の違いを知っていただき、有意義なひと時だったんです。

でも、ちびっ子だとどうなのか??
ちびっ子に世界3大ピアノの違いがわかるのか??

そこで、今回、小・中・高校生5人ほど、世界3大ピアノを弾かせてみました。
(この前に、まずはヤマハを弾かせてから)
事前の説明は一切ナシです。

そうしますと、「よくわからない~」といったちびっ子はゼロだったんです!

これは以前、幼稚園生でも違いがわかったんです。
今回も、1つのピアノを弾いた後、「どう~??」と聞くと、弾きやすい、軽い、などのタッチの違いから、こもった音、やわらかい音などの音色の違いなど、ちびっ子みんながそれぞれ自分の言葉で語るんでするんるん
中には、「曲によって使い分けたい」という言葉も出てきました。

驚きましたねわーい(嬉しい顔)

最後に「どれが一番好き?」と聞くと、人気が分散されていました。
(以前大人の方に人気投票をしたら、一番人気はダントツでベーゼンドルファーでした)
個人的には、ベーゼンドルファーが大好きデス揺れるハート揺れるハート

ちなみに、この後小学生にちびっ子に「先生っていっぱいピアノ持ってんの??どういうピアノ持ってんの??」って聞かれました。
「フツーのヤマハでレッスン室にあるのと同じかな」と答えると「ふーん、そうなんだ」と、ちょっとガッカリしているような感じで言われてしまいました・・

そうだよね、ピアノの先生自身がピアノにこだわっていないなんてね。ちょっと違うかも!?
でもねえ、1000万円のピアノは、なかなかそう簡単に買うのは難しいですがね。
関連記事
この記事へのコメント
コメントを書く

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事へのトラックバックURL
http://ontsure.net/tb.php/467-3e8d151a