発表会後の生徒さんの変化について

2010年08月09日
2010-08-07 2010-08-07 001 047.jpg

発表会も終わり、チョロチョロとレッスンをしています・・といっても、お教室ももう夏休みになってしまうのですが。

発表会では、基本的にちびっ子が「これ弾きた~~いるんるん」という曲を弾くので、おのずと難しい曲になることが、多々あります。
「こんなに難しくて、ホントに大丈夫なのかな??」と内心思いつつ、でも、やりたいと思った時にその曲を弾くのが一番良いと思っているので、
なるべく否定したり却下しないで、希望を叶えるようにしています。

もちろん、「これ、相当難しいよ。まあ、今の3倍くらいは頑張ってもらわないと。この曲ちゃんと弾けたら、音大に入れるような曲だから。でも、本当にやりたいのなら、今日から、レッスンが終わったらすぐ譜よみを始める位の気持ちで練習を始めたら、なんとかなると思うわよ」などと、ちょっとハッパをかけすぎな気もしますが、そのくらいの覚悟をして始めないと、間に合わなかったら可哀そうですからね。

まあ、こんな感じで発表会まで、ちびっ子は相当ガンバっているんですね。
なんで、発表会後は、ヘロヘロ~となるのかと思いきや、それがそうでもないんです。
さらにパワーアップしていることが、多かったりします。

「来年は、これ弾きたい!!」と言われて、(えっ??ついこの前発表会が終わったばかりなのに??)と思ったり、
「発表会が終わったら、なんか、こう・・・有名な曲やりたい」と言われて、それならばと思って
「じゃあ、●●とかはどう?まあ、定番だけど、有名だし、もちろん良い練習にもなるし。ただし、けっこう難しいよ」とそのちびっ子にとっては難しい曲を挙げてみますと
「ええ~~、それイイ揺れるハートやりたい、やりたいっ」と、発表会後に早速楽譜を買ってきて、レッスンで弾きながら
「あーっ、なんか聴いたことある~~るんるん」とテンションあがりまくりで弾いていたりします。
聴いたことある~~、って、そりゃあ、まあ、有名ですし、その曲を弾いている訳ですから、当たり前というか、ごもっともなんですがねわーい(嬉しい顔)

発表会までにも、成長しますが、発表会後も良い影響があるんですね。
このモチベーションをなるべくキープ出来るように、レッスンしたいところですかわいい
関連記事
この記事へのコメント
コメントを書く

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事へのトラックバックURL
http://ontsure.net/tb.php/461-e84e01bc