ショパンの申し子ユンディ・リがテレビで生演奏!

2010年09月16日
つい先ほど、テレビでユンディ・リさんが、生演奏を披露していました。
ちょうどテレビのチャンネルを変えた時に、知ったんですよね・・・偶然。

ショパンの英雄ポロネーズを演奏していました。
テレビでの生演奏って、ものすごく気楽に聴けるのが良い所ですね。
もののついでに聴けるんですから。
スタジオが響いていないのに、やたらぼわ~~んと響いた音になっていて、ちょっと違和感がありましたね。
マイクで音を拾っただけで、電子ピアノのサンプリングした音のような、響き方になるんですかね。
演奏は、力強くて華麗で華やか、でも繊細さもある、ショパンの演奏でした。

やはり、ちゃんとしたコンサートホールで聴きたいっと思ってしまいましたがね。


世界先行発売として、来月中旬に日本でCDが発売されるそうです。
昨年北京で開かれたコンサートで収録したものだそうで、この英雄ポロネーズも入っているみたいですね。

ちなみに・・・

演奏の後は、アナウンサーもコメンテーターも、みなさん大興奮で、やたらにテンションが高かったですね。
男性アナウンサーは興奮したーーーーっ!!と叫んでいましたし、
ジャーナリストの鳥越さんはCD買いますっ!!と言っているし、
コメンテーターは、ユンディ・リさんの手やら、腕やらを触っていました。

まるでジャニーズや韓流スター扱いのようです揺れるハート
ユンディ・リさんって、やはり大人気なんですね。
関連記事
この記事へのコメント
No title
はじめまして。
私も、偶然、テレビをつけたら、英雄ポロネーズをやっていたので、見入ったのですが。
字幕に「ショパンの申し子、美・美・美・ビタミン」とかあるだけで、「ユンディリ」という言葉がなかったので、単なる素人さんで、ちょっとうけた人が出ているのかと思い、全然、先入観なく見たせいか、音楽の激しい部分で
「うっわぁ、ハズシまくり・・・」
と思ってしまいました。
ペダルも、子どものピアノの先生は、かかとを絶対に離すな・・・と言っていたけど、この人、離れちゃっているじゃん・・・なんて、思ったり、演奏終了後、「ユンディリ・・・あ、聞いたことある・・・、え、ショパンコンクール優勝・・・。」

ということは、私が、はずしまくり・・・と思ったのは、聞き間違い? やはりすごい演奏だったの????
裸の王様を見たのか、自分の耳がおかしいのか・・・、プロのあなた様は、どうご覧になりましたか?
Posted by 森のクマ | URL | 2010-09-17 [編集]
No title
確かに、ちょっと力が入り過ぎて、ミスタッチが所々あったり、ちょっと硬いかなあという所はありました。
なので「すごく良かった」とか「素晴らしい演奏だった」とは書かなかったんですがね。

でも、演奏を聴く時にはミスタッチの事よりも、何を伝えたいのかとか、全体の音楽などに目がいくものなので、その点では「さすがだなあ」と私は思いました。
照明や音響、ピアノのコンディションなど、通常のコンサートのような環境だったら、もっと彼の演奏の魅力が伝わったのでは、とも思いました。
Posted by ふー | URL | 2010-09-17 [編集]
No title
早速のレス、ありがとうございました。
やはり、ミスタッチはあったのですね、プロのご意見を聞けてホッとしました。
終了後の、アナウンサーや、コメンテーターのほめまくりぶり・・・に、なんだか違和感を感じていたもので・・・。
まぁ、ゲストに呼んで、弾いて頂いて、嫌味を言うわけにもいかないでしょうけど。
例えて言うなら、オリンピックで金メダルを取った後の、キム・ヨナの世界選手権・・・という感じだったでしょうか・・・。
すばらしい演奏を維持する、難しさを感じました。
Posted by 森のクマ | URL | 2010-09-17 [編集]
コメントを書く

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事へのトラックバックURL
http://ontsure.net/tb.php/447-5277466b