発表会で気をつけてほしい!衣装と靴

2010年09月24日
2010-08-29 2010-08-29 001 015.jpg

急激に真夏から秋になってしまいました。
いよいよ芸術の秋の到来ですexclamation×2
発表会もあちこちで開かれると思いますが、弾く立場ではなく、聴衆として見ていますと、これもまた色々と気がつくことが多い気がします。
今まであまり気にしていなかったので、尚更なのかもしれません。

まずは衣装です。
やはりベージュ系は、なかりヌーディーな感じに見えてしまいます。(ラメが入っていても)
ミョーにお肌と一体になってしまうんですね。なのでドキッ目としてしまいますし、華やかさも、意外にイマイチな気がします。
ベージュだったら、まだ真っ白なほうが良い気もします。
勿論、ベージュ系でも、黒などで大ぶりの柄が入っていたりすれば、だいぶ違うと思いますがね。

そして靴。
なんせピアノを弾く時にペダルは欠かせませんが、精密なコントロールが必要なので、なんでもいいという訳にはいかないですよね。
でも、「それならば、普段履いている靴を・・・」と思ってしまいますが、これは本当に辞めた方がいいです。
ロングドレスを着ていても、歩いているときにドレスの裾をちょっと持ち上げただけで、結構見えてしまうんです。
聴衆として見ていますと、慣れていないせいか、裾を必要以上にたくしあげる方が多い気はしますがね。
なので、自分が思っている以上に靴が見えているんです!
素敵なロングドレスを着ているのに、本当に普段の靴と靴下を履いている足が見えて、「うわあああ」と思ったことがあります。

発表会を控えている方は、特に気をつけてくださいね!

発表会・演奏会のドレス選び (外部サイト)
関連記事
この記事へのコメント
コメントを書く

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事へのトラックバックURL
http://ontsure.net/tb.php/444-6ebcc81c