発表会用のドレスについてくるストール活用術

2009年01月12日

j0144991.jpg


ピアノの先生
をやっている私は、毎年必ずと言っていい程、発表会用のドレスを買っています。
そうすると、半分以上の確率でもれなく?!付いてくるのが、ストールです。

ドレスの試着の時。

店員さんに「このドレスには、お揃いのストールも付くんですよ。ちょっと羽織るのに、いいんですよね黒ハート」って言われるんです。
「へえー、いいですねー」なーんて、言ってまあ買うんですが、よーーっく考えると・・・

使わないんだよね、ストール。


ちょっと羽織るのに、っていう言葉を真に受けて、何回か発表会の時に、持って行きましたが、見事に?!出番がありませんでした。


まず、ピアノを弾く時には使いません。

出番前。。。
こんなペラペラなストールじゃ、寒くて居られません。がっちり長袖のカーディガンなどを着ています。

出番の後。。。
発表会のシメの言葉を言うんですが、ピアノを弾き終わってすぐ、なんで、ストールを羽織る時間がありません。
集合写真も、終演後すぐですし、生徒さんから頂いた花束を両手に抱えるので、無理。

で、結局、出番なし。



おうちのクローゼットには、今までの発表会用ドレスが、ドドド・・・っと並んでいるんですが、買った時にくっついてきた、出番のないストールが、一緒にかかっています。
いろんな色があって、きれいですよ。笑
しかも、新品のまま。
買った時に包装してもらったまま、なーんていうのもあります。

そのまま、ずっと放置していました。。。


ある時。

「今度、友達の結婚式に行くことになってね。服は買ったのよー、・・・こう、パーティー!みたいなの。でね、上に羽織るものも見たんだけど、それだけで1万円以上もかかっちゃうのよね。それで、靴とかも買ったら、ねえ・・・・。それでね、なんか上に着るもの、持ってないかなあー、って思って。」

早速、その買ったという服を持って、家に来ました。
服を見ると、ワンピースなんですが、細い肩ひもになっているんです。

そりゃー、確かに、それだけじゃねえ。なーーんか、上に着た方がいいよね。

それで、事前に用意しておいた、薄いチュールで出来たトップスを数着着てみました。
これは、伴奏をするとき用に買ったものなんです。
(伴奏をするときに、ソロの時と同じ露出だと、目立ちすぎてしまいますし、メインの方とのバランスもありますので。ビスチェに合わせると便利なんです)

でも、デザインが、合わない。
丈が合わない。

それで、次の手として、用意したのが、この発表会用のドレスに勝手についてきた、ストールなんです。
そして、色々とあわせたら。。。

これまた、良い感じに合ったんです揺れるハート

発表会用のドレスと同じ生地なんで、ちょっと光るんですね。
それが、少し華やかに見えるんです。
パーティー用のドレスって、普通は、そう、光らない生地ですよね。
別に光らなくっていいんですが、色合いによっては、ちょっと華やかさに欠けるんです。

しかも、夜の結婚パーティーですとね。

でも、ドレスの生地が光っちゃったりすると、照明によっては、逆に光りすぎちゃうかも?!
そんなときに、ストールだけちょっと光る、っていうバランスがよい気がします。

羽織るので、サイズって気にしなくていいのも、ホントいい。


いやー、こういう使い方があったのか。。。
出番があって、よかった。よかった。

きっと、私は、これからも使わないけど、ね。

関連記事
この記事へのコメント
コメントを書く

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事へのトラックバックURL
http://ontsure.net/tb.php/393-200907f6