不況と音楽教室、生徒さんが減っている!という現実

2009年01月19日



j0145314.jpg

昨年から不況・不況と連日メディアで伝えられていますが、ここ最近、よく実感するようになりました。
高速道路や幹線道路がたいして渋滞しないですし、レストランが空いているのです。

えーーっ、ガラガラじゃない??

先日デパートに行ったのですが、やはり空いているんですね~
よく見ると、ガラガラ。
混んでいる売り場は、食品のばら売りセールをやっているところと、休憩所だけ。
ホントに驚きました。

ピアノの先生からみますと、音楽教室でも、不況を感じます。

先日お話をしましたが、体験レッスンをやっても、そのまま即入会、ということが減ってきています。
音楽って色々な楽器がありますが、その中でピアノはいつもかなり高い入会率だったんですがね。
確か90%以上はいっていたと思いますね。
それが、今では減ってきて70%くらいかな、と思います。


お教室によってまあ、違うとは思いますがね。


ピアノ教室や音楽教室って、1年間で新しく入ってくる人って、けっこういるんですよ。


でも。。。

あまり大きな声では言えませんが。
実はけっこうその分出て行ってしまう、辞めちゃう人が多いんです。



厳しい見方をすると、入ってきた分出て行く人も多い。
まあ簡単に言うと、「入れ替わっている」といったところでしょうか。

それでも、微妙に入ってくる人の方が多いので、表向きは、在籍生徒数は毎年増えているんです。
でも、不況の影響なのか、在籍生徒数すら減っているようなんです。

うーーん、厳しいなあ~。


なので・・・、ではなく、だからこそ、今いらっしゃる生徒さんを大切にしなければ、と思います。
「ああ、やっぱりピアノを習いに来てよかった」と思っていただけるように、日々頑張らないといけませんね。


 

関連記事
この記事へのコメント
コメントを書く

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事へのトラックバックURL
http://ontsure.net/tb.php/386-421d98eb