ホントはチョコレートケーキがすき!

2009年01月28日

j0177868.jpg

小学生のMちゃんがレッスンにきました。

とーーーってもおとなしくて・・・というか、おとなしいを通り越して無口な子なんです。
返事すらしないで、首をちょこんと振るくらい。

始めは、あまりの無口ぶりに、わたくし自身がまいってしまい、
「うーーーん、なんだか一人芝居をしているみたい」っと、テンションが下がってしまうくらい。

でも、今は「まあ、こういう子だから」と思えるようになりました。
ある種、割り切れるようになったんですかね。

しかも?!

お顔の表情も殆ど変えないんです。
それも、正直、まいってしまった要因ですね。
笑った顔をほとんど見たことがないんです。

それが、今日のレッスンで・・・
ピアノを弾こうと思った時に、突然こう言ったんです。
「30日、(私の)誕生日」
「へえー、そうなんだ。30日って明後日じゃない。おめでとう!!じゃあ、その日はお家の方といっしょに、お祝いをするのかな」

首をふる。

「そう。じゃあ、ケーキとかも食べるのかな」

首をふる。

「前のお誕生日はどんなケーキを食べた?」
「ショートケーキ」
「そうなの。。。」

これで、トークはおしまいかな、っと思った瞬間、Mちゃんが自分から、話し始めました。
「・・・、ホントはね・・・・。チョコレートケーキのほうが好きなの」


驚きました!!
自分のホントの気持ちを話してくれたのは、初めてだから。

「そうなの。Mちゃんは、ホントはチョコレートケーキが好きなの。それ、お母さまに言ったの??」
「うん」
「お母さま、なんて言ってた??」
「うん・・・・、忘れたって(笑)」

おおーー、初めてMちゃんの笑顔を見ました。


「そっかあ、お母さま忘れちゃったから、去年はショートケーキだったのね。じゃあ、今年はお母さまに、チョコレートケーキがいいなあ、ってリクエストしてみたら??」
「うん」
「じゃあ、来週のレッスンの時に、お誕生日のケーキが何になったのか、教えてね」
「うん!」

やっぱり、笑顔って、一番いいですね。
こうやって、その子その子のペースで、打ち解けてもらえたら、ピアノの先生としては、嬉しいですわーい(嬉しい顔)

関連記事
この記事へのコメント
コメントを書く

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事へのトラックバックURL
http://ontsure.net/tb.php/376-aa2b21e6