最近の小学6年生

2009年02月03日

j0201709.jpg

今日は小学生の姉妹がレッスンに来ました。

お姉ちゃんのレッスンの時のこと。


「今日は、2月3日、節分の日ねえ。豆まきした??」
「ううん。でも、今日給食で豆ご飯だった・・・
「へえー、豆ご飯かあ。面白いメニューね。私は、枝豆だと嬉しいけどね」
「あはは(笑)でも、いっぱい残っちゃって・・・・」
「えーー?あら、なんでかしらね?」
「うん、ひじきが入っていたし。。。それに、今日は16人もお休みだったし」
「ええ???そんなにお休みがいたの???」
「うん、中学受験で・・」

「あーー、そっかあ。そんな時期だね。ちなみに、いつもは何人いるの?」
「35人くらい。」
「じゃあ、半分は、中学受験しているんだ。へえー」

もちろん地域などでちがってくると思いますが、むかーし、昔、私がそんな年だった頃は、中学受験をする人は、クラスの中でも、トップクラスの数人だけでしたがね。
今や、クラス内のトップクラスの子たちだけではないようですね。

こういう生の声を、リアルタイムで聞けるのは、ピアノの先生ならでは、ですね。
でも、一応小学校って義務教育ですよね。
こんなにお休みがいて、問題ないんですかね。
ちょっと疑問に思いました。

関連記事
この記事へのコメント
コメントを書く

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事へのトラックバックURL
http://ontsure.net/tb.php/370-53b88db4