自分の目指す音楽はなんですか?

2009年02月28日
j0407099.jpg

ピアノって、たくさんの色々な部品から出来ているんですよね。
確か、なんですが、1台のピアノにつき8000個もの部品だったような・・・

そして複雑な構造ゆえ、チェンバロの時と違って、弾く人、楽器をメンテナンスする人(調律)、というように、役割分担していったんですよね。
なので、ピアノってまあ精密機械みたいなものかもしれませんね。

その精密機械のようなピアノを使って、音楽を奏でる訳ですが、音楽って何も、誰かが奏でなくても、自然界に存在するんですよね。
鳥の鳴き声、水の流れる音、風のなびく音、木々のざわめき・・・

こういう自然の音楽って、人に安らぎや感動を与える、ものすごい威力を持っています。
普段は、そう特に何を感じるという程ではないかもしれませんが。
時々、何かの拍子に、その偉大さと素晴らしさを改めて感じます。

そういうものに、ピアノを弾いたときに、少しでも近づけたらなあ。

聴いていて、安らぎや感動を与えられるような。
そして、いつまでも心地よい音色や音楽。

日常の生活を離れると、いつも接している音楽について、より色々と感じ方が変わってくるから、面白いですね。
関連記事
この記事へのコメント
コメントを書く

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事へのトラックバックURL
http://ontsure.net/tb.php/346-0c126339