ピアノの先生に降りかかる、不況の話

2009年03月26日
j0427820.jpg


またまた不況の話しになっちゃいますが。。。

ピアノのお教室の先生が、近々お辞めになっちゃいます。
残念です。
お教室の先生が辞められることって、まあ珍しくはありません。
一昔前は、ご結婚で寿退社もありましたが、今や結婚していても続行が殆どです。
お辞めになる場合は、出産、体調不良、旦那様の転勤あたりですね。

体を壊してお辞めになることは、そう珍しくないかな。

でも、今回のお話は。。。

詳しい話は知りませんが、どうも不況と関係があるらしい。

というのも、このお仕事は好きなんだけど、もっと稼げるお仕事をなさるようなのです。

まあ、気持ちはわかるなあ~

こういうお仕事って、朝から夜までビッチリではないからです。
午後2時とか3時位から、夜8時位までレッスン時間なんですね。
大人の生徒さんの場合は、午前中からレッスンということもありますが。
でも、毎日ではないですね。

しかも、ぎっちりレッスンではなく、空き時間もあるし。
これが、30分だけということもあれば、2時間も空いちゃう、なんてこともあるんです。
そして、完全歩合制なので、空き時間は当然、ゼロ円ですからね。


拘束時間の割に稼げないなんてこともあるんです。

そうなると、普通の企業のOLさんみたいに、朝から夜までフルにお仕事をした方が、収入は増えますからね。
好きだけど、背に腹は変えられない、ということになっちゃうんです。

こういう風に、不況を感じることになるとは。。。
関連記事
この記事へのコメント
コメントを書く

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事へのトラックバックURL
http://ontsure.net/tb.php/321-bfee12be