発表会でよく選ばれているもの、その2

2009年04月14日
DSC_0682.jpg

発表会でよく選ばれているもの、その2です。
今日は、小学校5・6年生辺りのお話です。
昨日と同じように、あくまでも私のわかる範囲の周りでの状況なので、ピアノのお教室の生徒さん全部を対象にアンケートをしたわけではありませんので、あしからずお願いしますね。

小学校も5・6・年生になりますと、上手な子、上達の早い子という生徒さんはけっこう先まで進んでします。
こういう子達を「弾ける子るんるん」っていいます。
でも、逆にもちろん?!残念ながら弾けない子っていうのもいたりします。決して大きい声では言えませんがね。
まあ、それは置いておき、5・6年生位の子達が、発表会で弾いている曲って??

ギロックもまあ、いますが、ベートーヴェン・湯山昭さん、モーツァルト・メンデルスゾーン・バルトーク辺りでしょうか。

メンデルスゾーン 無言歌集 解説付 New Editionメンデルスゾーン 無言歌集 解説付 New Edition

音楽之友社 2007-10-26
売り上げランキング : 211696

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


メンデルスゾーンを始めて弾く子たちには、この無言歌集が一番入りやすいですよね。
どれも優雅な音楽で、さすが上流階級のご子息様ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ですよね。
お育ちが現れるんでしょうかね。
また、初めてのロマン派の作品だったりするので、喜んで練習をしてくる気がしますわーい(嬉しい顔)

ちなみに、わたくしは「二重唱」が大・大・大好きです揺れるハート揺れるハート揺れるハート
関連記事
この記事へのコメント
コメントを書く

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事へのトラックバックURL
http://ontsure.net/tb.php/297-152797a2