代講(他の先生の生徒さんを見る)してわかること

2009年05月13日
2009-05-04 2009-05-04 001 029.jpg

ピアノのお教室では、個人の教室と違って稀に他の先生の代講をすることがあります。
他の先生の生徒さんを見ることは、けっこう面白い体験です。
それは、他の先生がどんな教材を使って、日頃どんなレッスンをしているのか、また、どんな生徒さんがレッスンにきているのかがわかるからです。

今回代講をしたクラスは、発表会の曲を中心にレッスンをしていました。
まあ、時期が時期なので、当たり前ですがね。
そこで興味深かったのは、大半の生徒さんが暗譜をしてから、ピアノを弾くタイプだったことです。

へえ~、面白いるんるん

私の生徒さんでも、こんなタイプのチビッ子とかいますが、そんなにはいないですね。
普段、何か特別なこととかしているんですかね。
けっこう興味が湧きました。

また、色々と考えさせられることも多くて。。。。
それは、楽譜を身ながら弾くことが正統派、と無意識で思っていることなんですね
特に、クラシック畑をずっと歩んでいますと、そう思ってしまうのかなって、勝手に思っています。
わたくし自身もよく「楽譜をよく見て!!」って言われたしなあ~。
でも、考えたら音楽を演奏するのに、正統派も何もないのでは??
人それぞれ、やり方があると思うので、それを尊重して、さらに伸ばして、自信を持って弾けるようにしていきたい、って思います。

基本的には、ね。

ただし、楽譜を見ながら弾く、暗譜をしてから弾く、の両方が出来たら、ベストだと思うので、
楽譜を見ながら弾く子には、時々レッスンですぐに暗譜をする練習をしたり、
暗譜をしてから弾く子には、「楽譜を見ながら弾けるようになると、将来弾けるようになる曲が増えるよ~」といって、見ながら弾く練習もしています。
これは、暗譜をしてから弾く子のうち、音を耳で覚えて弾く子のことですがね。

代講って、生徒さんにとっては「ええっ?!」って思われてしまうかもしれませんが・・・
ピアノのせんせいにとっては、とてもよいお勉強になりますね。
生徒さんも、まあたまに違う先生に習うことで、ちょっとでもいい刺激なったり、何か得るものがあるといいなあと思いますね。
関連記事
この記事へのコメント
コメントを書く

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事へのトラックバックURL
http://ontsure.net/tb.php/268-420221d9