暗譜のやり方について

2009年05月28日

2009-05-23 2009-05-23 001 010.jpg

発表会やコンサートなどの練習をしていて心配なことって、暗譜ですね。
今まで暗譜が間に合わなかった生徒さんってほとんど皆無だった気がしますが、
それでも、ピアノの先生としては、本番が近づくにつれて「○○ちゃんは、暗譜大丈夫かしら?」と心配になります。

それにしても。。。

考えたら皆さんは、どうやって暗譜をしているんでしょうかね??
わたくし自身は、始めに初見でどんどん弾いていき、なんとなく弾けるようになったころに、徐々に曲の作りを見ていき、
「2回目のフレーズはここが1回目と違う点」とか
「○調が●調に転調して・・」
「ここは指に意識をすればうまく音がはめられる」など

頭を使って弾いていきます。

そうしていくうちに、だいたいは暗譜も出来てきています。
そうしましたら、弾きこんでいきながら、さらに頭や耳を使って別の練習もしていきます。
演奏を録画したり録音して聴くんです。
そして、ホントにすべての音が聴こえているのか、響きが頭の中に入っているのか確認して、不安な音は完全に頭に入れておきます。
また、ピアノが弾けないときは、頭の中で弾く練習をして、暗譜の確認をしていきます。

そして固めていきます。

その後、暗譜で弾く練習をたくさんして、自信を付けるとともに、ちょっとでも不安がよぎったら、すぐに楽譜を見て、目でも確認をします。

こうして完成させていく感じです。
そういえば、以前、先生に「いつもの倍遅く、暗譜で弾いて出来たら、暗譜は大丈夫!」と言われたことがあり、それも実践しています。

また友人は、曲の後ろから暗譜をする、と言っていました。
色々と暗譜のやり方ってあるんですね。
皆さんの、お薦めの暗譜のやり方や、暗譜成功の秘訣などありましたら、お教え下さい!

関連記事:
辻井さんの先生、横山幸雄さんに学ぶ、暗譜の極意!
辻井さんの先生、横山幸雄さんに学ぶ、暗譜の極意!その2


関連記事
この記事へのコメント
No title
はじめまして。
ピアノは見よう見まねで覚えて自己流です・・・。(ピアノ教室に一度も通ったことが無いです・・・。ちなみに20代後半の大人です。)
暗譜のコツ、私の場合はひたすら曲を聴くことです。楽譜を見ながら。
どうしてもピアノって弾ける時間がなかなか自由にならなかったりしますし(昼間は仕事ですし・・・まとまって弾けるのは休みの日くらい。平日は30分~1時間くらい弾ければ良いほうです。)、そういうときはひたすら聴いています。すると、ピアノに向かったときに自分でもびっくりするほどに指が動いたりしますね。聴くって大事だな・・・と思います。
Posted by Maimai | URL | 2012-06-12 [編集]
コメントを書く

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事へのトラックバックURL
http://ontsure.net/tb.php/256-a54b2467