発表会前に生徒さんを見ていて、毎年思うこと

2009年06月25日
2009-05-30 2009-05-30 002 016.jpg

ピアノの先生として、発表会前に生徒さんを見ていて、毎年思うことがあります。


毎年、必ず本番に間に合うのか怪しい生徒さんが1・2人はいること。


コツコツと練習をして、手堅く、また余裕で弾けるようになる生徒さんも必ずいます。
でも。。。
そもそも、コツコツと毎回コンスタントに練習をする生徒さんは、少数派な気がするんです。
なので、毎年メドが立つまでドキドキなんです。
まあ、間に合わないってことは、まずないんですが。
なので。。。
たまには?!安心して本番を迎えてみたいものでするんるん
関連記事
この記事へのコメント
No title
はじめまして。
私も同じ仕事をしています。
発表会、生徒さんの出来について、ハラハラしないことって、ないですよね・・・
私も、安心して迎えてみたいです。
また、お邪魔します。
Posted by e-t-pf | URL | 2009-06-26 [編集]
No title
コメントありがとうございます。
私だけでないようで、ほっとしています(笑)
まあ、ハラハラ、ドキドキするからこそ、終わった時の安堵感もひとしお、なんでしょうかね。
Posted by ふーちゃん | URL | 2009-06-26 [編集]
コメントを書く

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事へのトラックバックURL
http://ontsure.net/tb.php/235-d2491f21