楽器店で発表会を開く問題点、その2

2009年06月28日
2006-10-30 2006-10-30 001 002.jpg

以前書いた楽器店で発表会を開く問題点その2です。

まだ疑問に思うことがあるんです。
リハーサルがないんです。
これって、かなり不思議。
どう考えても、普通はあるんじゃないかな、と思うんですよね。
舞台や会場の大きさに慣れたり、ピアノの状態のチェックや、響きの確認などを行うことで、ペダルの加減を多少変えたりも出来ますしね。
もいろん、指ならしも。

まあ、一日3回転、まれに4回転も発表会をしますから、時間がない、と言うのかもしれませんが。
また、会場によってはロビーや楽屋が狭いから、といのもあるかも。

でも。。。

音大の入試やテスト、コンクールじゃないんだから、ホントに1回ぽッきりで 1年間の練習の成果を発揮させようなんて、酷だよね~なんて思うんです。

大いなる疑問です。
個人の、また小規模のピアノのお教室なら、リハーサルがないなんて、考えられないのでは?!
やはり、ある程度の規模のお教室になってしまうと、こうなっちゃうんですかね。
でも、厳しい見方をすると、楽器店の都合に合わせられている、感じがします。

誰のために、発表会を行っているのか??

原点を見失わないようにしたいものです。
関連記事
この記事へのコメント
コメントを書く

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事へのトラックバックURL
http://ontsure.net/tb.php/233-dfc2f60c